スーパーマンがソビエト連邦で育ったら… 『スーパーマン:レッド・サン』

 アメリカンコミックには、おなじみのスーパーヒーローたちを通常とは異なる設定で描く、“もしもの世界”みたいな趣向があって、本作はそのひとつ。

 爆発するクリプトン星から、乳児を乗せた小型ロケットが脱出。
 不時着したのは、アメリカの農場ではなく、旧ソビエト連邦の集団農場だった…。

 やがて超能力を開花させ、シベリアの空を飛ぶスーパーマン。
 共産主義の理念に染まってはいるものの、地球を愛し、弱者を慈しむ、善良な本質は変わらない。
 だからこそ、強大な軍事力として、目立つプロパガンダとして、国家に利用されてしまう姿が物哀しい。

 DCコミックのキャラクターたちが、立場を変えて絡んでくるところも面白い。
 天才レックス・ルーサーは、西側諸国を脅かすスーパーマンに科学力で対抗。スーパーマンの劣化コピー“ビザロ”を創り出したり、異星人の死体からパワーリングを入手して“グリーンランタン”の軍団を編成したり。
 秘密警察に両親を殺され、無政府主義者となってテロを繰り返す、ソ連版“バットマン”も登場。奇略でもってスーパーマンに危機をもたらす。

 こんな物語をどう着地させるのかと思ったら、時間SFに類するオドロキの結末へ。
 これがまた巧みに構成され、運命の深遠さをうかがわせたりして読ませます♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪