琉球の庶民、カラッと描く 『トロイメライ』

 江戸時代末期の琉球を舞台にした、若い岡っ引きの捕物帳みたいな短篇集。
 大作『テンペスト』の外伝。

 エキゾチックな南洋の楽園だったらしい琉球でも、厳しい現実に立ち向かう庶民がいる。
 その人間模様がカラッと描かれていて好きです♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪