過剰に時代劇してる 『一刀流無想剣 斬』

 熱情ほとばしる剣豪小説。
 一刀流の継承を争ったという、神子上典膳と小野善鬼を描く。

 体言止めが連発する、やたらと重々しい文体は“過剰に時代劇してる”という印象。

 こーゆーのは好きな方なんだけど、歴史的な背景がスカスカなところが少々残念でしたw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪