ブイブイ言わせてる裏で 『ヨーロッパ退屈日記』

 マルチな才人だった伊丹十三の、若き日のエッセイ集。
 俳優として洋画『北京の55日』に出演した時の、ヨーロッパでの滞在生活を記してる。

 内容にも文章にも、独特のクセがある。
 ウンチクとキザとコダワリと自慢と武勇伝と卑屈と同族嫌悪が、ないまぜになってる感じ。
 そこに嫌味なものを感じてしまう人もいるかも知れない。

 書かれたのは昭和30年代の後半。
 当時はジャルパックも『地球の歩き方』も無い。海外渡航は安易でも気軽でもなかったはず。

 ブイブイ言わせてる裏で、緊張したり肩肘張ったりしてたであろう著者。
 日本人として西欧文化に向き合うことへの、“気負い”とか“晴れがましさ”とか“恍惚と不安”みたいなものがうかがえる。

 今読んでも面白い。と言うか、今読むから面白いのかも♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪