不可能犯罪をめぐるサスペンス 『神様が殺してくれる』

 森博嗣のミステリ。

 国際的な連続殺人事件が発生、共通する重要参考人は絶世の美少年。その当人は、学生時代に寮で短期間同室だったというだけの主人公を、実行犯として名指し。
 ところが、主人公はまったく身に憶えがなく、確固としたアリバイもあった…という不可能犯罪をめぐってサスペンスが展開する。

 終盤に明かされる真相、個人的にはもっとブッ飛んでほしかったっス♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪