“現実”って結構あやふや 『フォマルハウトの三つの燭台〈倭篇〉』

 神林長平のユーモア(?)SF。
 生活家電にまで人工知能(AI)が普及してる近未来を舞台(長野県内)に、引きこもりの中年男が、真実を照らすという古代の燭台と出合い、“この世の実相”に迫るという。

 いろんなものにAIが搭載されてるせいで、電器製品たちが勝手にケンカしたり、“自殺”してしまったりもする、AIに囲まれた日常が面白い。
 中編3話の連作で、2話まではトボけた事件を素直に楽しめるんだけど、3話目は形而上的なモノゴトが入り込んできて難解に。

 私たちは五感と頭脳でもってこの世を認識してるんだけど、それらが及ばないところにだって世界は拡がっており、みんなが「こうである」と信じてる姿とは違う。猫が認識する世界は異なるし、アンドロイドが認識する世界も異なる。
 だから、私たちを取り巻く“現実”って結構あやふやで、誰かの想像でしかない人物とか、ペットに仕えるヒト型ロボットとか、そんな奇妙な連中が自覚もなしに紛れ込んでたりするらしいぞ。
 「らしい」としか読み取れなかったし、ちとズレてる気もしますがw