トンガったディストピア小説 『華氏451度』〔新訳版〕

 ブラッドベリの有名なディストピア小説。

 どことなく、映画『ファイト・クラブ』にも通じる、スカッとした過激さが感じられる。
 窮屈な社会に対し、主人公が果敢に反逆する、そこらへんが似てるからかな?(反逆の“趣旨”は真逆だろうけどw)

 初出は創刊したての『プレイボーイ』誌だったそうで、ちょっと意外だけど分かる気もする、なかなかにトンガった物語です♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪