コンテンポラリーなバトル絵本 『うどん対ラーメン』

 バトル系少年漫画の影響を色濃く感じる、何ともシュールな絵本。

 擬人化されたうどんとラーメンが決闘するという、シンプルなストーリー。
 「おいしさを競うべきでは」なんてツッコむのは野暮。直接ぶつかり合うところにロマンが生まれるのだ。

 うどんがコシのある麺を繰り出し、ラーメンを絡め取ろうとする。対するラーメンは、大きなチャーシューを被せてうどんの動きを封じようとする。
 ケレン味あふれる技の応酬に加え、戦いながら饒舌に“食レポ”するやら、巨大なアレコレを召喚して助太刀させるやら、脱力系のオチを確信犯的に持ってくるやら。
 コンテンポラリーなノリが利いてるぞ。

 初挑戦した小学校での“読み聞かせ”活動で、子供たちに好評を博し、せがまれてもう一度読まされてしまったという、個人的にも思い出深い一冊です♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪