イラっとくるやらガッカリするやら恥ずかしいやら 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』

 主人公は鈍感なんじゃなかろうか?

 人生の重大な岐路が迫っていても、相手が繊細な内面を明かしてきても、ありのままに認識することなく、夢や幻みたいな“不思議な出来事”として捉えてしまう。
 で、後から「あれは何だったんだろう?」なんて首をかしげたりする。

 周りで深刻な事態が進展していても気付かない。あるいは、事態の意味が理解できない。ズレたところでクヨクヨ思い悩んでるばかり。
 ひょっとしたら、薄々勘付いてはいるけど、不都合な真実に直面したくないのかも。

 そんな本書がつまらないかと言えば、とんでもない。
 読み手に対し、いろんなものを「お前はどうなのか?」と突き付ける、そんな凄みが隠れてる。

 何故か私は、自分の中にあるダメダメな部分に、否応もなく気付かされてしまった。自分の半生がどうしようもなく凡庸であることを、改めて思い知らされたりもした。
 イラっとくるやらガッカリするやら恥ずかしいやら…妙に感情を揺さぶられる物語でしたw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪