英国版の鬼太郎? 『墓場の少年』

 ニール・ゲイマンのファンタジー。

 何者かに家族を殺害され、たまたま墓地に迷い込んで命拾いした男児が主人公。墓地に棲む幽霊たちに育てられて成長し、やがて、家族の仇と向き合うことに…という物語。

 暗くて寂しそうに見える墓地も、棲んでる幽霊の視点に立てば、意外と居心地が良さそう。
 幼い主人公は碑文をなぞって字を憶え、古代の幽霊に歴史を教わる。
 心優しい死者たちとの触れ合いが、“死”や“死者”についての固定観念を揺さぶります。

 原題は「THE GRAVEYARD BOOK」で、つまりは“『ジャングル・ブック』の墓場版”みたいなものらしい。
 日本人としては“『ゲゲゲの鬼太郎』の英国版”という方がしっくりきそうなw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪