良薬だって飲みすぎれば毒に 『自己信頼』

 

  アメリカの思想家、ラルフ・ウォルドー・エマソンの思索を集めた本。

 ちょっと過激だけど、いろんな言葉が心に響きます。
 自分がちっぽけで無力に思え、どうにも自信がわかず、わずかな行動さえ起こせない…なんて人が読むと、重い腰を上げる気合いが出せるかも。
 経験のない段階へ進まなきゃならないのに、未知への恐れとか、失敗への不安しかない…なんて人が読むと、一歩を踏み出す勇気が生まれるかも。

 ところが、そんな“切実さ”とは無縁な者が、うっかり読んでハマってしまったら、自尊心ばかりがブクブク肥大し、傲慢で軽薄で痛々しい“オレサマ”が出来上がりそうな気がするぞ。
 良薬だって飲みすぎれば毒になるという一冊w

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪