痛々しい男女の痛々しい言動 『木に登る王』

 スティーブン・ミルハウザーの中編集。
 全3話いずれも、男女の愛憎っつーか、浮気に絡んだ三角・四角関係の物語。

 ニンゲンは愚かで弱いから、自分の危機に真正面から向き合うなんて、そうそうできはしない。
 裏切られた惨めな自分を認めたくないあまり、自尊心が傷つかずに済む“嘘”を捏造し、それを必死で信じ込もうとしたり。
 心の奥底では「もうダメだ」と分かってるのに、表面上は「まだ大丈夫」みたいに振る舞ったり。

 痛々しい男女の痛々しい言動を、3話3様の切り口でもって巧みに描いてます。

 表題作の、木に登らなきゃならない/登らずにはいられない王様とか、滑稽にも見えるんだけど、ホントに痛々しくてツラいものがあるぞw

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪