数十年経て“宿題”が片付いた 『幻魔大戦 Rebirth』(4~11)

 平井和正と石森章太郎による『幻魔大戦』の続編は、11巻で完結。

 先行する小説版やマンガ版の続編群をカバー&フォローしながら、他の平井作品と石森作品からキャラクターが続々とゲスト出演。豪華というかにぎやかというか。
 シリーズを読み継ぎ、続編を待ってたら作者が亡くなり、落胆と諦念を噛み締めるしかなかったファンたちを、強く意識してる模様。

 拡散したり内向したりしてた複数の物語を巧みにまとめる一方で、破綻しないよう細部に目配りを利かせてる。
 「こーゆーのが読みたかった!」という満足や、「あれがこー絡んでくるなんて!」みたいな驚きがある。

 とは言え、拡がった大風呂敷のスケールが、時間的にも空間的にも“億”レベルなだけに、きれいに畳み切るなんて無理だったのかも。
 読後「もう少しどーにかならなかったかなぁ…」とのモヤモヤした気持ちが。

 それでも、ズルズル延びて未完になったり、ジワジワ劣化して竜頭蛇尾に終わる“大作”が少なくない中、11冊のボリュームで収束と決着と大団円が達成され、そこは大いに評価してます。
 何より、気になりつつも手が着けられなかった“宿題”が、数十年を経てようやく片付いた…そんなスッキリ感が♪

ブログランキング

にほんブログ村 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪