ノンフィクション

驚き呆れウロタエる確信犯 『トラウマの国 ニッポン』

スポンサーリンク

 高橋秀実による、ユニークなルポルタージュ。

 マスコミが報道する予定調和や、行政が掲げる理想像、世間のトレンド、社会通念などなど、現代日本における12事例について、著者が「実際どうなの?」と取材したもの。

 自分のトラウマ探しにハマる人々。将来「ふつうの人」になりたいと願う小学生たち。“ユーモア教室”へ真面目にかよう受講者。共産党員と僧侶を両立してる人物。田舎でのスローライフに疲れ果てた中高年。
 どれもが意外で珍妙で、物哀しさを漂わせたりもしていて、興味深い。

 取材を通して“真実”に直面し、驚き呆れウロタエてしまう著者。そーゆー態度そのものが、取材対象への鋭いツッコミになってる。
 おそらく著者は、事前に「あそこには驚き呆れウロタエるものがありそうだ」と目星をつけて取材し、確信犯的に驚き呆れウロタエてる気がする。

 何とも飄々とした、あっさりテイストの読み口なんだけど。
 その裏に、トンガッた批判精神がうかがえます♪

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
↑ 励みになりますので、よろしければクリックお願いします♪

スポンサーリンク
天竺堂の本棚
タイトルとURLをコピーしました