小説

天竺堂の本棚

巨大マンションで殺し合いが 『ハイ・ライズ』

 J・G・バラードによる、純文学みたいなSF。  英ロンドンの郊外に建てられた、40階建て1000戸という巨大な分譲マンションが舞台。内部にはスーパーマーケットやプール、レストラン、学... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

空気感や心情がよみがえる 『四畳半神話大系』

 人生も半世紀を過ぎたというのに、過去にしでかしたアレコレの思い出に、しばしば悩まされる。 もう関係者は忘れていて、ウジウジこだわってるのは私だけなんだろうけど、どうにも頭から離れない。この... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

令嬢戦隊? アベンジャーズ娘? 『メアリ・ジキルとマッド・サイエンティストの娘たち』

 英ビクトリア朝のロンドンを舞台にした“スチームパンク”作品群のひとつ。  主人公はジキル博士の娘で、これにハイド氏の娘(つまり異母妹)と、モロー博士の娘、フランケンシュタイン博士の娘... 【続きを読む】
スポンサーリンク
天竺堂の本棚

嫁を見付けてもらいたい『三体2 黒暗森林』(上・下)

 話題のSF巨編、第2弾。  地球侵攻の壮大さとか、面壁者と破壁人の頭脳戦とか、未来社会の変わりようとか、宇宙社会学の興趣とか、読みどころがテンコ盛り。 ページをめくる手が止まりません... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

夫って、父親って、こうだよなぁ 『AX』

 伊坂幸太郎の連作短編集。  主人公は凄腕の殺し屋、通称「兜」。普段は平凡なサラリーマンとして、妻子と暮らしてる。  何故か兜は恐妻家で、妻の機嫌を損ねないよう、家庭では常に細心... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

ただひたすらに踊り続ける 『ダンス・ダンス・ダンス』

 降りかかる火の粉を払いながら歩いていくのが人生だと個人的には思ってる。 本書の表現では、踊り続けるのが人生らしい。ただひたすらに。  作中で何度も言及される「高度資本主義社会」におい... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

「そうなるの!?」「こうきたか!」 『マリアビートル』

 東北行きの新幹線に、犯罪業界の連中が乗り合わせる。 有名なプロフェッショナルだったり、無名の元プロだったり、売出し中のルーキーだったり、未完の大器(?)だったり。みんな目的はバラバラだけど... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

オトナのハートに火をつける 『アルケミスト』

 学校あたりでは「将来へ夢を持とう」「やりたいことを見付けよう」「ひたむきに頑張ろう」なんて子供に諭したりする。無益とは言わないけど、幸福や栄達を確約するものではない。 半世紀ほど生きてきた... 【続きを読む】
天竺堂の本棚

自由? 寂しそう? 『羊をめぐる冒険』(上・下)

 20年以上ぶりに再読。 以前はフツーに読み飛ばしてた箇所に、ふと目が留まったり、共感したり、違和感を覚えたりして、そこが面白い。自分が年を取ったせいかも。  不可解な出来事にほんろう... 【続きを読む】
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました